医療の進化

医療の進化www.enjoy-friends.com

てんかん発作

てんかん発作と医療の発展

 

てんかん発作は、生まれつき持っていた場合と、何らかの事故や病気により脳に傷がついたために起きる場合に分けられる。
生まれつき発作を持っていた場合は、投薬治療で5年間から10年間発作が起きなければ、多くの場合完治する。

 

それに対し、病気やけがによって脳に傷がついている場合は、生まれつき持っていた場合よりも完治が難しい。
まずは、神経内科において、薬を処方してもらわなくてはいけない。

 

しかし、薬は人それぞれ合うものが異なっている。
その人にあう薬を見つけることが、非常に難しかった。まつ毛育毛剤人気

 

しかし、数年まえから医療の進化により、数日入院し調べるだけで、その人にあう薬を処方できるようになった。
このことにより、これまでなかなか自分にあう薬が見つからなかった患者が、あう薬を見つけられるようになった。

 

自分に合う薬を処方してもらい、本人がきちんと飲む努力を行えば、てんかん患者はほとんど健常者と同様の生活が可能だ。
以前は、てんかん薬は妊娠中も飲まなくてはいけないため、胎児の奇形が心配な薬であった。

 

しかし、ここ数年の間に、医療が進化し、葉酸と薬を一緒に飲むことで、胎児の奇形の確率が、ほぼ健常者と変わらないことが確認された。
このことで、てんかん患者の多くは、子供や結婚をあきらめる必要がなくなったのだ。

 

また、てんかんは20歳まで発症しなければ、一生発症しないと言われてきたが、これも違いであることがわかった。
てんかんは、中年層や高齢者であっても発症する。

 

日常生活に支障を与えるほどの重度のてんかん患者は、手術をして原因部分を取り除く。
しかし、重度とは言えない場合は、薬による治療だけだ。レビトラジェネリック

 

理由は、脳の手術はリスクが大きいからだ。
脳は、未知の部分が多数あるため手術が困難なのだ。

 

一つ間違えば片手が使えなくなったり、足が動かなくなったりする。
これらの理由により、てんかん患者は主に薬によって治療を行う。

 

てんかん患者は100人に1人いると言われている。
薬も体に負担のないものがどんどん開発されている。

 

自分に合う薬を見つけたことで、今まで見えなかった10年後の未来を描くことが出来るようになったと答える患者は多い。
てんかん患者に根強く残る社会の偏見を、乗り越えていけるほどの、効果的な医療の開発が現在も進められている。

ストレスと上手に付き合う
人は、生活をしていく上で、色々なストレスがあります。ある程度のストレスを受けて生活をすることは、必要なことですが、そのストレス度合いが、より強くなると、心身ともに疲れてしまいます。

 

その結果、体の疲れが溜まって取りきれなくて、倒れてしまった利することがあります。

 

また、心の方も疲れてしまし、心の病気になってしまうこともあるのです。
そのため、ストレスと上手に付き合っていくことが、健康な生活を送るために、大切なことになります。

 

そして体のストレスに対しては、睡眠や適度に休むことが必要です。
無理をして体を駆使し続けると、いつかは体が悲鳴をあげてしまうことになるからです。ピル副作用

 

そのため、仕事をしている人は、休暇を上手に使用することが大切となります。
体が疲れている時は、とにかくリラックスできる方法を考えて実行します。

 

運動をすることは、体が疲れている時に、いけないと思う人もいるかもしれませんが、
その人にとって、その方法が疲れが取れるということであれば、その方法も有りとなるのです。

 

そのため、その人が疲れが取れる方法を早く見つけることが、良い結果を出すことになります。
また、こころが疲れている場合は、友人と話をしてり、本を読んだりして気持ちを安らげるようにするのも解決の方法の一つです。

 

しかし、自分が思っている以上に、こころが疲れていることがあります。
それは、自然と涙がでてきたり、体に変調が起こるようになると、病院を受診することもひとつの方法です。

 

しっかりと受診をして診察を受けることによって、自分が思っている以上に、こころが病んでいたということがわかることがありからです。
そしてそのように、過度の心身の疲れがある時は、病院を受診することは、大切なことなのです。

 

そのため、専門家の正しい判断を受けることで、その病気を治すことができます。
このように、ストレスとうまく付き合うことで、自分をコントロールでき、また、できない時は医療のちからを借りる事も、判断として大切なこととなります。

6年前の血液検査の結果を発見して思うこと・・・・

 

先日、机の引き出しのかたづけをしていて6年前の血液検査の結果がでてきました。忘れていましたがあらためて見直して思い出しました。
「あ〜そうだった〜血糖値が高くて『糖尿の域ですがきとんとコントロールされています』という診断だったんだ〜、あちゃ〜」と。

 

6年後の現在、どのようになっているのか、さらに上がっているのか幸いなことに下がっているのか・・・考えるとかなり怖いものがあり、
すぐにでも血液検査をお願いしようと思っていたのに日々のあれこれで忙しくまたまた時が流れること半年・・・こんなことじゃいけませんよね・・・・

 

会社で健康診断がある人だとこういうことも起こらないのでしょうが家庭にいる主婦にはそういう機会が少ないです。

 

少ないというのは語弊がありますね、市町村の検診もいろいろあります。
でも強制されるわけでもないので、ついつい後回しになってしまうのが正直なところです。

 

早め早めに検診やかかりつけのお医者さんのところで定期的な血液検査や尿検査を受ければ未然に大病が防げて、突然死のリスクが減るのだろうな〜と思います。

 

6年前の私のボーダーラインに位置していた血糖値がどのように推移しているかほんとに怖いです。
すぐに血液検査に行くべきですよね。放置したあげく急激な悪化で末期の糖尿病状態だった、などという話も周囲から聞いたことがあります。

 

友達の知り合いなんですが、朝起きたら明らかに目の調子がおかしい。よく見えない!
あわてて大学病院に行ったらかなり進んだ糖尿病による緑内障で「このまま失明してもおかしくないですよ!」と言われてそのまま入院されたそうです。

 

しかも入院しているうちにどんどん症状が悪くなり脳梗塞まで併発して半身不随になられたとか・・・・・
その方が言われていたそうです「自分を過信して不調にすら気づかなかった」と。

 

定期的な検診や血液検査を受けられていれば防げたことですから、その方の想いを考えると辛いものがあります。
そうなんですよね、パワーやスタミナ、エネルギーがたっぷりあるタイプの人って少々の不調は跳ね飛ばしてしまって気がつかなかったりするんですよね。

 

6年前に血糖値が高めだった私には全く他人事ではありません。私はけっしてエネルギーたっぷりのタイプではないですが年齢的にもなにが起きてもおかしくはありません。

 

この方のお話を聞いてすぐにでも病院の予約を入れようと強く決心しました。
適切な検診と医療で健康が長くキープできるのであれば、めんどくさがらずにこまめに医療機関にかかりたいものです。

私の周囲はガンであふれています。父方も母方も亡くなっている親戚はガンだらけです。思い出せるところを挙げていきますと、肺がん、胃がん、子宮がん。
胃がんも肺がんも数人います(苦笑)。父も長いこと胃潰瘍に悩まされたあげくの果ての胃がんでした。

 

祖母は子宮がん、祖父も肺がんで手術をしていて大きな傷あとを見せてくれましたが退院をしないまま天国に行ってしまいました。
私の周りでは、ほんとにガン以外の病気で闘病入院した親戚が思い浮かばないほどなのです。

 

そんな家系だったので、自分の母もてっきりガンが発覚して入院生活になるのだろうし、そうなったら私がしっかり看病しよう、と思っていたのですよ。
それがまさかの心臓発作であっけなくいってしまうなんて予想もしていませんでした。あっという間のお別れでした。

 

入院することもなく、苦しむこともなく、長い闘病生活で不安に襲われることもなく、
ちょっと前まで普通に家族としゃべっていて家族が気がついたときはす〜っと眠るように天国に行ってました。

 

健康のまま、いや心臓の発作なので健康とは言えないのかもしれませんが、
少なくとも定期的に受けていた診察や血液検査ではなんの異常も発見されず、
毎日好きなテレビを見て、韓国ドラマを楽しみ、自分でDVDも操作できて、健康で幸せな晩年だったと信じたいです。

 

しかしそうは言っても突然あっさりいかれてしまったこちらは辛かったですけどね、母のことを想えば苦しむこともなく82歳までしっかりと自立した生活ができていたのですから、寿命を全うした大往生だと納得すべきなんですよね。アフターピル値段

 

自分がどのような逝き方をするのか想像もできません。
母のように突然ぽっくり逝っちゃうのか、父のようにガンで入院するのか、曾祖母のように100歳過ぎて大往生で寝ている間に逝っちゃうのか・・・・

 

どんな逝き方であれ、それまでをできるだけ健康につとめ、
気持ちはいつも明るく前向きにそんな生き方をしていきたいと亡き母に教えられた気がしています。

日本が長寿大国になってから久しいですが、先進諸外国に比べると検診を受けている率が低いことが知られています。

 

これこそ矛盾した状態であるといえるのでしょうが、逆な言い方とすれば日本人の検診率を上げれば世界でダントツの長寿国になるのではないでしょうか。

 

長期に渡る入院生活やまともに動けないで長生きするということは長生きする価値が減ってしまうのは言うまでもないでしょう。
健康的に長生きしてこそ本当の意味でのおめでたい長寿といえるのではないでしょうか。

 

日本人の死亡原因のトップに立ってから久しいがんは初期の症状ががんと分かりにくいこともあり、自覚症状が出てしまった時にはすでにかなり病状が進んでしまっているということも少なくありません。シアリス通販

 

そのうえ、例外はありますががんという病気は基本的に年を取ればとるほど起こりやすいということなので、ある程度の年齢になればがんの検診を受けるということが必要となってくるのです。

 

それもがんの死因の上位を占める5種類のがん検診を受けるだけで早期発見につながり、生命にかかわるような病状を避けることができるのです。

 

それでも日本人のがん検診の受診率は20%から30%台という惨憺たる状態で、これを上げていくことが健康で長生きする秘訣であるのです。

 

検診を受ける年齢は早いほどいいのはいうまでもありませんが、特にがんは50代から60代以上になると急に増えてくることがデーターでわかっているので少なくとも50代になれば一年に一度のがん検診は受けるべきでしょう。

 

そのがん検診と同時にそのほかの検診も受ければそのほかの病気を早期発見か予防することも可能です。
手間がかかるということもありますが、一年に一度の検診でそれで自分の生命を守ることにつながるので受けるべきでしょう。

 

特にがんは確実な予防方法はないといえますので、早期発見が生命とそのあとの自分の人生を守る一番確実な方法であるのは間違いないことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ